リノベーション

  • HOME
  • リノベーション

リノベーションとは

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。英語での「renovation」は「革新、修復、刷新」を意味していて、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを表しています。
そのため、リノベーションでは住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。
例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。
このように、リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では非常に人気が高まっています。

リノベーションとリフォームの違い

「リフォーム」と「リノベーション」の大きな違いは、簡単にいえば工事の規模でしょう。
壁紙の張り替えなどの仕上材の新調や、システムキッチンやユニットバスの入れ替え程度の小規模な工事は「リフォーム」に分類され、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などの大規模な工事を「リベーション」と位置づけられます。またもう1つの違いとして言えるのは、建物の初期の性能以上の工事であるかということです。
その工事が、建物の初期の性能以上であれば「リノベーション」。建物の初期の性能と同等か、またはそれ以下であれば「リフォーム」ということになります。

リノベーション5のメリット

メリット1
コストを抑えられる

新築住宅に比べ、同じ立地であれば中古物件は安価に購入ができます。無理をしてローンを組みたくないと考える方や、新築と同額でより広い空間を手にしたいという方には良い選択肢でしょう。郊外の古い民家などを安く購入してリノベーションするなどもひとつの方法でしょう。無理のない資金計画は、ゆとりの時間を作ることにもつながり、スローライフが実現できるかもしれません。

メリット2
既存のデザインからではなく、自分の好きなデザインができる

どんな人でも自分だけの個性というものを持っています。それはだれにも評価される必要のない個人的なものであり、それでいいのです。リノベーションは、ステレオタイプの決められたパターンから選ぶのではなく、自分の好きなデザインが実現できます。

メリット3
住宅の欠陥を事前に把握し修繕できる

マンションリノベーションの場合は、一旦スケルトンの状態にすることにより、見えなかった部分、たとえば旧設備配管や電気配線、ガス管、防水などの状況や欠陥を事前に把握し修繕できます。また戸建て住宅の場合では、耐震診断も事前に行うこともできます。

メリット4
環境保護に貢献できる

利便性と経済発展に支えられ私達の国は豊かになりました。
その反面、私達は環境に対する配慮を失い、同時にさまざまな問題を残してしまいました。
「エコロジー」「ロハス」「スローライフ」「サスティナブル」といった考え方は、新しい時代の流れであり、住宅ストックの再利用は産業廃棄物を減らすことにもなり、環境保護のためにも大きな貢献になります。

メリット5
資産価値を高められる

欧米では、リノベーションされた物件は、買った時より高く売れるということはよくあるようです。
日本では、固定資産税の償却期間を目安とした資産評価が主体となっているのが現状のようですが、今後住宅ストックを利用したリノベーションが活発に行われるようになれば、リノベーションしている物件としていない物件では、当然資産価値が変わってくるでしょう。

リノベーションの流れ

STEP01

ご相談

まずはお問い合わせください。個別相談や、完成物件見学のご案内をいたします。暮らしのイメージや、ご予算、工事の期間など、じっくりとお聞かせください。

STEP02

現地調査

リノベーションのご相談を承った後、プランをご提案するにあたって必ず現地調査を行います。
実際に工事を行う現場でチェックリストに沿って様々な細かい部分を調査し、どのようなプランが可能かを判断するためです。

STEP03

プランニング・お見積もり

お聞きした内容と現地調査の内容を元に、最適なプランのご提案と、 お見積もりを作成します。
仕様やプランをひとつひとつご検討いただきながら、話を詰めていきます。

STEP04

ご契約

最終的なお見積もり、プランにご納得いただいてから、ご契約となります。ご契約後に管理組合への工事許可申請を行います。

STEP05

工事開始

近隣へのご挨拶を経て、工事が始まります。ご契約どおりに進んでいるか、責任を持って、現場を管理します。

STEP06

完成・お引渡し

厳しい検査をクリアしてから、現地にてお客様に立会い確認をしていただき、お引き渡しとなります。お引き渡し後もアフターサービス保証でお客様を見守ります。